猟友会 白石厚別部会「猟友会白石厚別部会とは」

札幌市白石区・厚別区に在住する銃猟、罠猟のハンターが集い、安全狩猟と狩猟文化の維持発展向上を目指し活動する団体です。

 


「主な部会事業」

 北海道の解禁時期に合わせ各部会にて「鹿猟入林説明会」が開催されます。事前に当該行政が各部会代表者を対象に説明会を行い、これを受け部会代表者が部会の狩猟登録者に説明を行うといった内容です。行政による入林説明会には問題点が多いですが、部会説明会は出席者も多く、さながら第二部会総会といった趣です。
 会員同士が一堂に会する集まりとして、説明会に併せ大事な機会となっております。

 ・国有林、道有林の規制図配布(一ハンターとしては是としておりませんが・・・。)
 ・車輌登録承認証配布
 ・回収用ビニール袋配布
 ・その他資料配付
 ・入林説明会部会代表者からの諸注意説明(何はなくとも安全狩猟!)

この説明会を期に、部会員は「解禁コード」に入り「ハンターモード」が始動します。
× 閉じる
部会や支部主催にて射撃会が開催されています。
親睦と技量向上、安全狩猟が目的です。ここ最近は新たに更新時に義務付けられた「技能講習」の対策講座としての意味合いを持たせた射撃会ともなっております。

ライフル射撃(含むスラッグ)
・ライフル銃はもちろんキャリア10年以上の会員が持ち得るものですが、新入会員の方も散弾銃に「替え銃身」でハーフライフリング、スコープ、サボットスラグで参加されて居ます。
50m、100mではライフルに遜色ないと思います。
時に12番平筒のレピーター、オープンサイトで参加する剛の者もおり。注目を集めています
クレー射撃
・散弾銃を対象にクレー射撃会としてトラップ、スキートの二種目が行われます。
ベテランも新入会員も一堂に会しての射撃会ですが、成績は一部の方を除いてドングリの背比べです。ここ数年は十月一日から鴨も鹿も同時解禁となったため、ベテランほど鳥猟から遠ざかり散弾銃を手に取る機会が減っています。結構悲惨な結果にベテランは落ち込んでいます。  ただ、日頃標的射撃を趣味にされている方、競技会に参加している会員の成績は目を見張るものがあります。
技術の世界でもあり、白石厚別部会所属の御歳85歳の会員さんは毎回驚くほどの成績を出されています。(年齢を重ねても継続できるスポーツです。)
上下二連、自動銃、レピーター(ポンプ銃)、左利きなど様々なスタイルが登場するのも猟友会ならではの射撃会と思います。 × 閉じる
解禁と同時に一発目の事業として行われるのが「鴨共同猟」です。
10月の初旬はまだ日の出が早いこともあり、現地集合は午前04:00。もちろん多くの参加者が前日入りします。
そして実はこれが楽しい! 日が傾き始める前から猟野で酒宴が始まります。翌朝の猟果に期待を寄せながら、鍋やらジンギスカンやらなんだかよくわかんないおつまみなんかで焼酎、清酒、ウイスキーにワインのグラスが乱れ飛びます。猟談義に花が咲き大風呂敷にビッグマウス、大ボラに失敗談までが混じって爆笑のひと時です。

 そして中締めは早く、8時にはお開き、就寝です。

 翌朝は当日集合組にたたき起こされての起床。夜明け前には配置につきます。日の出とともに鴨猟がスタート。早朝の3時間から4時間の勝負です。猟果はその年により様々で、獲物はみんなでマタギ勘定。(ただ、その年の新人さんへの分け前はデカイです。)  ・・・ここ数年は鹿猟の解禁が早まったことから鴨共同猟への参加者がちょっと少なくなったかもしれません・・。弾数を撃つ猟です。猟期初めにはいいと思います!そして新人さんは大歓迎されます。楽しいデビュー戦の場でもあろうと考えます。 × 閉じる
年に一度か二度、他部会と合同で鹿共同猟を行っています。
十二月、一月の中下旬に行われることが多く「勢子猟」です。寒い中です。しかしながら同好の士が集い、力を合わせて一つの目標に向かって各々が役割を全うして行く過程はとても心地よいものです。
新人さんはもちろん散弾銃ですが、替え銃身のハーフライフリングにサボットスラッグで充分楽しめます。
猟果はマタギ勘定が基本ですが、年配者への敬意と新人さんへの期待が込められた配分となることが多いようです。そして終猟後に振舞われる 「豚汁」の美味しさは共同猟にトドメを刺します!

セコは勢子で山を鳴らして汗かいて。マチ場も厳寒の中震えながらじっと動かず冷え切って・・・。

マチ場解除と勢子回収の無線が入るとみんな揃ってベースに戻ります。そこにはその日の豚汁当番が最高にうまい熱々の豚汁を用意して待っています。
共同猟は「世界一美味い豚汁を食うため。」と言って過言ではありません。この豚汁のために、狩猟免許を取る価値があります。ご一緒にいかがですか!? × 閉じる
年に一度、「白石厚別部会総会」が開催されます。
総会といっても「札幌支部総会」のような大がかりなものでは全く無く、部会員相互の親睦を深める懇親会が目的と言っていいでしょう。会場も「飲み放題・食べ放題プラン」がある飲食店が会場です。
そのため家族連れでの参加も少なくありません。御夫婦で参加されたり、お子様連れだったりと大変にぎやかです。
一度でも部会行事等で顔を合わせた会員であればお互い「あの時はどーもー!」「お元気でしたー。」「獲れてる~?」、とそんな気軽な感じで話が弾んでいます。
もちろん総会が部会行事初参加という会員さんもいらっしゃいますが心配ありません。同好の士の集いです。すぐうちとけて楽しい時間となります。
白石厚別部会。楽しいですヨ! × 閉じる

 白石厚別部会。元気です!
 昨今の報道のとおり、猟友会は高齢化が進んでいます。当会も同様です。
しかし会員は皆意気軒昂で10月を待ちわび、解禁ともなると勇んで飛び出していきます。80代の会員も居れば、退職と同時に免許を取得し60歳、65歳の新人もおります。
もちろん20代30代の若手会員もおりますが、熟年が若手に負けず元気な会です!昨今の流行のキーワードに「後期高齢者何とか」があります。、当会の少なくない会員も年齢だけは該当しますが全く別世界のはなしです。
世代を超えて猟野で一緒に汗を流しませんか。老若男女大歓迎です!
入会をお待ちしています。

部会長  

団 体 名 猟友会 白石厚別部会
会 員 数  67名
役 員 理事4名
連 絡 先(E-mailのみ) E-mail:info-shiroatsu94@hokkaido-hunting.jp